2013年02月06日

コルグの電子ピアノを新しく買って、古いピアノを売りました

この度、ついにピアノを電子ピアノに買えました。常々、大きなピアノはもう必要ないかなと思っていたので、良いタイミングだった思う。鍵盤のタッチなども特に問題なく、電子ピアノでも大いに満足だ。

一般的にピアノはフルサイズのコンサート・グランドは大型なだけでなく高価でもあるため、専用ホールなどでの演奏会で用いられ、より小型のグランド・ピアノは学校の体育館・講堂や教室(音楽室)、ホテルなどのロビー、小規模なホール、設置スペースを取れる一部の家庭(ピアノ教室を開いているようなところ)などで用いられる。

古いピアノ自体は、電子ピアノを買う際に下取りしてもらおうと思ったが、引取りだけでお金にならないそうだ。なので、一般的なピアノ買取りサービスを利用してみた。やはりピアノ 処分 中古買取をしてもらうならば、ネットなどで一括査定が便利だ。

また、前後に動くハンマーでは、反応のよいピアノ・アクションを製造することは難しい。これはハンマーの戻りをバネに依存せざるをえず、経年劣化するためでもある。これに対しグランド・ピアノでは、ハンマーが反動と重力によって下に落ちるので、アップライトのハンマーよりも動きが自然である。またレペティションレバーという、ジャックをハンマーの下に引き戻す機構が、ほとんどのアップライト・ピアノには備わっていないため、連打性能に関しては決定的に劣る。

20世紀現代音楽の楽器として、プリペアド・ピアノがある。プリペアド・ピアノは標準的なグランド・ピアノに演奏前にさまざまな物体を取り付けて音色を変えたり、機構を改造したものである。プリペアド・ピアノのための曲の楽譜には、奏者に対してゴム片や金属片(ねじ・ワッシャーなど)を弦の間に挿入する指示が書かれていたりする。
posted by キョロ at 12:28| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

新車を買おうかと思っているが・・

日本車ならトヨタ86、外国車ならカイエンが狙いだ。

自動車の構造はその歴史のなかで様々な形態が現れ、変遷してきた。ここでは現在市販されている自動車として一般的なものを示す。したがって、いくつかの自動車には例外があり、特に競技用や工作用など、特殊な用途に特化したものについては構造が大きく異なる例もある。

車体の強度部材に用いられる材料は鋼鉄が主流で、近年ではアルミニウム合金や炭素繊維強化プラスチックなどの複合材料を用いたものも市販されるようになってきている。骨格部材以外のパネル部分には合成樹脂を用いる例も増えてきている。新車の購入に、はやはり新車値引きは非常に重要だ。

構造は大きく分けてフレーム形式とモノコック形式とに分けられる。フレーム形式は独立した骨格部材に車室を構成する外殻構造が載せられたもので、古くから自動車の車体構造として用いられ、現在でも貨物車を中心に採用されている。モノコック形式は車室を構成する外殻自体が強度部材として作られた構造で、20世紀半ば頃から自動車の車体構造として普及しはじめて、現在の乗用車のほとんどで採用されている。


posted by キョロ at 13:43| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

ホームベーカリーを購入しました

パンが大好きなので、ホームベーカリーを買ってみました。

製法としては、コッペパンの上面にパンの長軸方向と平行な切れ目を1本入れ、パンをV型に開いてそこに焼きそばを挟むのが一般的である。その際、食感を重視し焼きそば・ソースの水分がパンに染み込むことを避けるため、切れ目の部分にあらかじめバターやマーガリンを塗っておく場合もある。また、アクセントとして紅しょうがやマヨネーズ、青のり、パセリなどを少量添えることもある。焼きそばの麺の太さは製造者・地域によって多少の差異が見られる。また、味付けとされる調味料の差、ソースの濃さ、また焼きそばの具材として定番であるキャベツの有無などもまた製造者によって異なってくる。

そこで私は、価格もお手頃なシロカ ホームベーカリーを買った。

パンが湿ってしまう又は保存の問題から、水分が比較的少ない焼きそばが使用される事が多く、そのために焼きそばがボロボロとパンからこぼれてしまいやすい。そのためラップ等でしっかりと巻かれて店頭に並べられることが多く、場合によっては二重の包装になっているものもある。
posted by キョロ at 17:20| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。